財団法人山本清記念財団

山本清記念財団
山本清記念財団外観写真  阪神間でも歴史的に魅力や価値のある建築物が減少する中、平成7年の大震災以降、戦前の建物は消失、建て替 etc.でますます少なくなりました。
 当財団(旧山本清邸)は400坪の敷地に建ち、その佇まいは当時のゆとりある階層の生活感が随所に感じられる「和洋折衷」様式です。
 茶室を配した日本庭園は、落ち着いた雰囲気の中で四季の移ろいを楽しませてくれます。
news